元来ダイエットとボディメイクは似て非なるものです。

ですが昨今ではそうでもない様な感じがあります。

ダイエットとボディメイクの違いとは

私が考えるダイエットとは健康を維持するための食事制限をして痩せたり、時には太ったりと、体重をコントロールすることが本来の意味かと思います。

とはいえ、日本ではやっぱりダイエットというと最近食べすぎて太ったから・・・痩せないと・・・ダイエットしよう!といった様な使われ方をしているので、なんとなくそれが今ではもうダイエットという意味なんだと思います。

一方ボディメイクですが、ボディメイクは体作ることで、すなわち筋肉をつけたり、脂肪を落としたり、することを言うのだと思います。

最近ではダイエットという言葉が実はボディメイクであるということにお気づきになりましたでしょうか。

ダイエットをしながらボディメイクもしている?

ダイエットをしながらもボディメイクをしているという感じでしょうか。

自分自身では気付いていない人もいるかと思います。

例えば、ダイエット中なので今日はランニングをしようとか、腹筋しようとか、腕立て伏せをしようとか、そういったことは少なからずボディメイクです。

また逆にタンパク質を摂取した方が筋肉をつけやすい→筋肉をつけた方が脂肪が燃焼するから痩せやすい!とそう考えて食事制限をしてみるなど。

プロテインよりも筋肉サプリが手軽だと聞いて色々と買った記憶がありますし、今でも使っています。

ほかにも睡眠はしっかりととった方が良いとか。

睡眠サプリもランキングをみてより良い睡眠をとろうと私自身色々とサプリを探したりもしました。

それらは立派なダイエットでありボディメイクです。

体作りはライフスタイル!習慣化すること!

基本的にダイエットもボディメイクは短期間だけするものではないと私は考えています。

体作りはライフスタイルとして取り組むべきだと思っています。

つまり、日々の習慣としてダイエット、ボディメイクに取り組むことで、理想の自分に近づけるのではないか、と考えるからです。